未分類

2021年にヒットする仮想通貨 根強い人気のビットコイン

投稿日:

日本国内で仮想通貨が話題になってからまもなく4年が経とうとしていますが、この4年間の間にビットコイン以外の銘柄がたくさん誕生しました。

これらの仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれています。年々種類が豊富になっていくことから、どの仮想通貨がおすすめであるかがわからないという人も多いはずです。そんなときに参照にしてほしいのが将来性がある通貨になります。

まず、現在も根強い人気を誇っている仮想通貨といえば「ビットコイン」で、現在、種類が豊富になりつつある仮想通貨の中でも基軸通貨のポジションは揺るぎないものになっています。ビットコインは2008年にサトシナカモトによって開発された電子通貨システムで、2009年から運用され今年で丸12年になります。

ビットコインの一番の特徴は、「管理者が存在しない」ということです。ここで認識すべきが「管理者」というキーワードです。
私たちが日常生活で使用している紙幣や硬貨は例えば、日本円の場合はすべて日本銀行から発券および発行されています。お札を見ていると表に「日本銀行券」と記載されていることから日本銀行という管理者が存在していることがわかります。

これにともない、ビットコインの場合は取引参加者全員で通貨の情報を管理する世界初となる分散型システムが導入されています。
ビットコインの取引情報はすべてコンピューター上の「ブロックチェーン」というネットワークで管理されています。また、第三者の中には、取引情報を探し出すマイナーが存在します。取引情報を探し出して記録することを「マイニング」といいます。マイニングとは日本語で「採掘」を意味します。

つまり、情報を見つけ出して記録することでマイナーは報酬を得ることができるのです。鉱山から宝石などを見つけ出す方法とにているのがそのネーミングの由来です。また、ビットコインには、実用紙幣にはない発行枚数の上限があります。
その上限は2100万枚です。
なぜ上限があるのか、それはビットコインが市場に出回ることを防ぐためです。市場に出回りすぎると何が起こるか、それはビットコインならではの希少性や価値が下がってしまうことです。

こうしたトラブルが起こらないように、計画的に発行されているのです。定期的に発行枚数が減る時期は「半減期」と呼ばれ、マイニング作業を行っているマイナーにとっては非常に苦しい時期であると言われているのです。また、この時期は価格変動も起こりやすいです。

-未分類

Copyright© ネット副業体験ログ|稼げる副業タップアンドクリック(タプクリ) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.